Saito Lab

斎藤博昭研究室では,主に自然言語処理・音楽情報処理・人工知能についての研究を行っています

Publications

論文

2012年

  • 松原正樹,諏訪正樹,斎藤博昭, “インタラクティブな楽譜色付けによるオーケストラスコア理解支援システム”, 人工知能学会誌 Vol.27 No.5 C, pp.281-295, 2012.
  • 山本貴史, 松原正樹, 斎藤博昭, “擬音語と書体表現を用いた環境音の可視化”, 芸術科学会論文誌 Vol.11 No.1, pp.1-11, 2012.

2011年

  • Gregory Hazelbeck, Hiroaki Saito, “A Tool for Creating Glossed Japanese Reading Materials”, 情報処理学会論文誌 Vol.52 No.12 (10 pages), 2011 (Electronic Preprint for Journal of Information Processing, Vol.20 No.1, 2012).

  • Masahiro Niitsuma, Masaki Matsubara, Masaki Oono, Hiroaki Saito, “Development of a method for automatic basso continuo playing”, Information Processing and Management 47, Elsevier, pp.440-451, 2011.

  • 井上裁都, 斎藤博昭, “ラベルなしデータの二段階分類とアンサンブル学習に基づく半教師あり日本語語義曖昧性解消”, 言語処理学会論文誌 Vol.18 no.3, pp.247-271, 2011.

2010

  • 杉山卓弥, 小幡拓弥, 斎藤博昭, 保木邦仁, 伊藤毅志, “将棋における合議アルゴリズム −局面評価値に基づいた指し手の選択−”, 情報処理学会論文誌, Vol.51 No.11, pp.2048-2054, 2010.
  • 佐野 智久, 延澤 志保, 岡本 紘幸, 鈴木 宏哉, 松原 正樹, 斎藤 博昭, “候補間の表層的差異に着目した地名の所属国推定”, 言語処理学会 自然言語処理, Vol.17, No.1, pp.29-54, 2010.

2009

  • 新妻雅弘, 斎藤博昭``Random Forest を用いた音楽ジャンル分類’’情報処理学会論文誌 No.50 No.12, pp.2910-2922, 2009.
  • 松原正樹, 岡本紘幸, 佐野智久, 鈴木宏哉, 延澤志保, 斎藤博昭, “ScoreIlluminator: スコア色付けによるオーケストラスコアリーディング支援システム”, 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.12, pp.2937-2948, Dec. 2009.
  • Tomohisa Sano, Shiho Hoshi Nobesawa, Hiroyuki Okamoto, Hiroya Susuki, Masaki Matsubara and Hiroaki Saito, “Robust Toponym Resolution Based on Surface Statistics”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E92-D, No.12, pp.2313-2320, December 2009.
  • Gregory Hazelbeck, Hiroaki Saito, “A Corpus-based E-learning System for Japanese Vocabulary”, 言語処理学会論文誌, Vol. 16, No. 2, pp. 3-27, 2009.

2008

  • 山根木浩平,斎藤博昭, “集合学習における協調型Webブラウジングシステムの構築”, 教育システム情報学会誌 Vol.25 No.2, pp.232-237, 2008.

2007

  • Masaki Oono, El-Sayd Atlam, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita andJun-ichi Aoe,“A Compressed Trie Structure Using Divided Keys”,International Journal of Computer Applications in Technology(IJCAT),Special Issue on Computer Applications in Knowledge-Based Systems,2007. (to appear)
  • 肥塚真輔, 岡本紘幸, 斎藤博昭, 小原 京子 “日本語フレームネットに基づく意味役割推定”, 自然言語処理, Vol. 14, No. 1, pp. 43-66, 2007.

2004

  • 大森久美子, 斎藤博昭, “語の属性を利用した大語彙確定のための音声対話インターフェース”, 自然言語処理, vol.11, no.3, pp.123-147, 2004.
  • 伊藤一成, 斎藤博昭, “汎用アノテーション記述言語 MAML の提案とその生成・処理プロセス”, 情報処理学会論文誌:データベース, vol.45, no.SIG7(TOD22), pp.137-150, 2004.
  • 伊藤一成, 高倉康弘,斎藤博昭, “非単調活性化関数を用いたカオスニューラルネットワークとメモリサーチエンジンへの適用”, 電気学会論文誌(C), vol.124, no.3, pp.897-903, 2004.
  • 伊藤一成,斎藤博昭 “アノテーションの副次生成とテキスト処理への応用”, 日本データベース学会 Letters vol.3, no.3, pp.117-120, 2004.
  • 伊藤一成,酒井康旭,斎藤博昭 “音声と映像の一貫性を考慮したニュース動画の要約”, 日本データベース学会 Letters vol.3, no.1, pp.5-8, 2004.

2003

  • 大森久美子, 斎藤博昭, “大語彙を対象とした音声対話インターフェースにおける自然な応答生成”, 自然言語処理, vol.10, no.5, pp.23-40, 2003.
  • 佐藤健吾, 斎藤博昭, “サポートベクタマシンを用いた対訳単語対の抽出”, 自然言語処理, vol.10, no.4, pp.109-124, 2003.

2002

  • 延澤志保, 佐藤健吾, 斎藤博昭, “ドメイン固有の文字列情報の組み込みによる形態素解析処理の精度の向上”, 自然言語処理 (to appear).
  • S. Nobesawa, T. Sano, H. Saito and M. Nakanishi, “Incremental learning of d-bigram data against new domains”, Journal of Chinese Language and Computer (to appear).
  • S. Kikuchi and M. Nakanishi, “Recurrent neural network with short-term memory and fast structural learning method”, Systems and Computers in Japan (to appear).
  • 佐藤健吾, 斎藤博昭, “最大エントロピー法を用いた対訳単語対の抽出”, 自然言語処理, vol.9, no.1, pp.101-115, 2002.

2001

  • 延澤志保, 斎藤博昭, 中西正和, “文字間統計情報に基づく口語文字列の自動抽出”, 自然言語処理, vol.8, no.3, pp.39-57, 2001.
  • 菊地進一, 中西正和, “短期記憶を用いたシンプルリカレントネットワークによるカオス時系列の短期予測”, 情報処理学会論文誌 : 数理モデル化と応用, vol.42, no.SIG5(TOM4), pp.17-28, 2001.
  • 菊地進一, 中西正和, “短期記憶を用いたリカレントニューラルネットワークと高速な構造学習法”, 電子情報通信学会論文誌(D-II), vol.J84-D-II, no.1, pp.159-169, 2001.

2000

  • E. Tanaka, Y. Tanaka and M. Nakanishi, “Implementation and evaluation of adaptive garbage collection”, Systems and Computers in Japan, vol.31, no.14, pp.83-90, 2000.
  • 山口文彦, 中西正和, “線形論理のある部分系上の帰納推論とその健全性および完全性”, 人工知能学会誌, vol.15, no.6, pp.1074-1080, 2000.
  • 菊地進一, 中西正和, “修正忘却付き構造学習と並列多層ネットワークを用いた規則発見”, 電気学会論文誌(C), vol.120-C, no.8/9, pp.1181-1187, 2000.

1999

  • 岩井輝男, 中西正和, “並列GCのポインタ通知数の削減による処理効率の向上”, 電気学会論文誌(C), vol.119-C, no.10, pp.1201-1207, 1999.
  • 岩井輝男, 中西正和, “並列GCを備えた並列LispにおけるGCの抑制”, 電気学会論文誌(C), vol.119-C, no.10, pp.1194-1200, 1999.
  • 小池龍信, 岩井輝男, 中西正和, “オブジェクトの世代を考慮に入れたインクリメンタルなごみ集め処理”, 情報処理学会論文誌 : プログラミング, vol.40, no.SIG7(PRO4), pp.1-8, 1999.
  • 岩井輝男, 中西正和, “Snapshot型並列GCにおけるルート挿入時間の削減”, 情報処理学会論文誌 : プログラミング, vol.40, no.SIG4(PRO3), pp.58-66, 1999.

1998

  • 田中詠子, 田中良夫, 中西正和, “リスト処理におけるオブジェクトの生存率に関する解析”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J81-D-I, no.2, pp.195-203, 1998. ### 1997

  • 前田敦司, 中西正和, “キューマシン方式による並列Lisp処理系のスケジューリング手法”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J80-D-I, no.7, pp.624-634, 1997.
  • 高橋聡子, 岩井輝男, 田中良夫, 前田敦司, 中西正和, “リスト処理とGCのCPU割当てを動的に決定する並列Lisp”, 情報処理学会論文誌, vol.38, no.5, pp.1050-1057, 1997.
  • 田中詠子, 前田敦司, 田中良夫, 中西正和, “オブジェクトの生存率の理論的解析に基づいた世代別ガーベッジコレクション”, 情報処理学会論文誌, vol.38, no.4, pp.835-844, 1997.
  • 前田敦司, 中西正和, “新しい計算モデル キューマシンとその並列関数型言語への応用”, 情報処理学会論文誌, vol.38, no.3, pp.574-583, 1997. _ 高橋聡子, 岩井輝男, 前田敦司, 田中良夫, 中西正和, “並列GCを備えた並列Lispシステムの実装および評価”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J80-D-I, no.3, pp.247-257, 1997.

1996

  • F. Yamaguchi and M. Nakanishi, “Induction in linear logic”, International Journal of Theoretical Physics, vol.35, no.10, pp.2107-2116, 1996.
  • Y. Tanaka, A. Maeda, M. Nakanishi and S. Matsui, “Performance analysis of parallel garbage collection using partial marking”, Systems and Computers in Japan, vol.27, no.8, pp.29-38, 1996.
  • 斎藤博昭, “一般LR構文解析法におけるエラー処理”, 情報処理学会論文誌, vol.37, no.8, pp.1506-1513, 1996.
  • 田中詠子, 田中良夫, 中西正和, “Adaptive Garbage Collection -実装とその評価-”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J79-D-I, no.5, pp.253-260, 1996.

1995

  • 田中良夫, 松井祥悟, 前田敦司, 中西正和, “部分印付けを併用した並列GCの提案および効率の解析”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J78-D-I, no.12, pp.926-935, 1995.
  • E. Tanaka, Y. Tanaka and M. Nakanishi, “Adaptive garbage collection and experiments for implementation”, Systems and Computers in Japan, vol.26, no.12, pp.8-16, 1995.
  • 松井祥悟, 田中良夫, 前田敦司, 中西正和, “相補的ガーベジコレクタ”, 情報処理学会論文誌, vol.36, no.8, pp.1874-1884, 1995.

1994

  • 田中詠子, 田中良夫, 中西正和, “Adaptive Garbage Collectionの提案および実験”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J77-D-I, no.9, pp.611-618, 1994.
  • M. Tomita and T. Kido, “Sacrificial acts in single rounded prisoner’s dilemma”, International Journal of Informatica, vol.18, no.4, pp.411-416, 1994.
  • T. Kido, K. Takagi and M. Nakanishi, “Analysis comparisons of genetic algorithm, simulated annealing, TABU search, and evolutionary combination”, International Journal of Informatica, vol.18, no.4, pp.399-410, 1994.

国際会議

2011

  • Kikuchi, H., Matsubara, M., Okamoto, H., Sano, T., Nobesawa, S., Saito, H. ``Patent search based on automatic investigation of topic-related documents’’ 12th Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2011), Kuala Lumpur, Malaysia, July 21, 2011.

  • Ishigaki, A., Matsubara, M., Saito, H. ``Prioritized Contig Combining to Segregate Voices in Polyphonic Music’’ 8th Sound and Music Computing Conference (SMC2011), Padova Italy, July 8, 2011.

2010

  • Niizuma M.,Matsubara M., Saito, H. ``Development of an Automatic Basso Continuo Playing System for Baroque Music Performers, Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC10), Sapporo, Japan, pp.162-166, 2010.

2009

  • Tagami, H., Hizuka, H., Saito, H.“Automatic Semantic Role Labeling based on Japanese FrameNet - A Progress Report -”, Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2009), pp.181-186, Hokkaido, Japan, 2009.9.3.
  • Masaki Matsubara, Hiroyuki Okamoto, Tomohisa Sano, Hiroya Susuki, Shiho Hoshi Nobesawa and Hiroaki Saito, “ScoreIlluminator: Automatic Illumination of Orchestra Scores for Readability Improvement”, Proceedings of the 2009 International Computer Music Conference (ICMC 2009), pp.113-116, Aug. 2009.

2008

  • Saito, H., Kuboya, S., Sone, T., Tagami, H., Ohara, K., “The FrameNet Software Tools”, 6th International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC2008), Marrakech, Morocco, 2008.
  • Niizuma, M., Takaesu, H., Demachi, H., Saito, H., Oono, M., “An Automatic Music Selection System Reflecting Users’ Running Speed”, Genesis of Meaning in Digital Art (CMMR), pp.223-231, 2008.

2007

  • Tomohisa Sano, Shiho Hoshi Nobesawa, Hiroaki Saito, “Automatic Country Identification of Area Names Based on Surface Features”, Proceedings of the 17th Symposium on Natural Language Processing (SNLP 2007), pp.13-18, Dec. 2007.
  • Masahiro NIITSUMA, Hiroaki Saito “Automatic Thorough-BassRealization In Baroque Music”, International Computer Music Conferrence2007(ICMC 2007), pp.425-428, Copenhagen, Denmark, 2007.8.31.

2006

  • Ohara, Kyoko Hirose, Seiko Fujii, Toshio Ohori, Ryoko Suzuki, Hiroaki Saito, Shun Ishizaki “Frame-based Contrastive Lexical Semantics and Japanese FrameNet: The case of RISK and kakeru”, Proceedings of the Fourth International Conference on Construction Grammar, pp.142-143, 2006.

2004

  • H. Saito, K. Ohara, K. Sato, K. Ito, S. Hizuka, M. Soga, N. Nishioka, T. Nishino, Y. Nomura, H. Shirakawa and H. Okamoto, “A New E-learning Paradigm thriugh Annotating Operations”, Proceedings of the Workshop of eLearning for Computational Linguistics and Computational Linguistics for eLearning (COLING2004), pp.86-89, 2004.
  • Ohara, Kyoko Hirose, Seiko Fujii, Toshio Ohori, Ryoko Suzuki, Hiroaki Saito, Shun Ishizaki “The Japanese FrameNet Project: An introduction,’’ LREC 2004. The Fourth international conference on Language Resources and Evaluation. Proceedings of the Satellite Workshop “Building Lexical Resources from Semantically Annotated Corpora””, pp.9-11, 2004.

2003

  • H. Okamoto, K. Sato and H. Saito, “Preferential Presentation of Japanese Near Synonyms Using Definition Statements”, Proceedings of the 2nd International Workshop on Paraphras: Paraphrase Acquisition and Applications (IWP2003), pp.17-24, 2003.
  • Ohara, Kyoko Hirose, Seiko Fujii, Hiroaki Saito, Shun Ishizaki, Toshio Ohori, Ryoko Suzuki “The Japanese FrameNet Project: A Preliminary Report”, The Proceedings of Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING’03), pp.249-254, 2003.

2002

  • K. Sato and H. Saito, “Extracting word sequence correspondences with support vector machines”, Proceedings of the 19th International Conference on Computational Linguistics, Aug. 2002 (to appear).
  • A. Yoshida, S. Nobesawa, K. Sato and H. Saito, “Authorship identification based on support vector machine”, Proceedings of the 6th World Multiconference on Sementics, Cybernetics and Informatics, pp.423-428, 2002.
  • K. Sato and H. Saito, “Extracting bilingual word pairs with maximum entropy modeling”, Proceedings of the 6th World Multiconference on Sementics, Cybernetics and Informatics, pp.412-417, 2002.
  • S. Nobesawa, K. Sato and H. Saito, “Recognition of domain-specific terms with d-bigram model”, Proceedings of the 6th World Multiconference on Sementics, Cybernetics and Informatics, pp.406-411, 2002.
  • H. Kikuchi, K. Sato and H. Saito, “Extraction of Japanese web-site top-pages for the directory of the web”, Proceedings of the 6th World Multiconference on Sementics, Cybernetics and Informatics, pp.400-405, 2002.
  • J. Shima, M. Nishida, S. Kikuchi, H. Saito and M. Nakanishi, “Learning time series by complex-valued neural network with short-term memory”, Proceedings of IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.347-351, 2002.

2001

  • M. Nishida, S. Kikuchi and M. Nakanishi, “Generating a chord progression corresponding to a single melody using recurrent neural networks”, Proceedings of IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.988-992, 2001.
  • N. Tanaka, S. Kikuchi and M. Nakanishi, “Discovering rules of six basic facial expressions by neural networks”, Proceedings of IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.460-465, 2001.
  • K. Ito, S. Kikuchi and M. Nakanishi, “Memory search system using chaotic neural networks”, Proceedings of IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.455-459, 2001.
  • S. Kikuchi and M. Nakanishi, “Learning chaotic fluctuation of Japanese vowel using simple recurrent network with short-term memory”, Proceedings of IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.449-454, 2001.

2000

  • S. Nobesawa, H. Saito and M. Nakanishi, “Automatic semantic sequence extraction from unrestricted non-tagged texts”, Proceedings of the 18th International Conference on Computational Linguistics, pp.579-585, 2000.
  • E. Tanaka, A. Maeda, K. Sato, F. Yamaguchi and M. Nakanishi, “A visual system for education of machine language”, Proceedings of the International Conference on Information and Communication Technologies for Education, pp.289-298, 2000.
  • F. Yamaguchi and M. Nakanishi, “Completeness and Soundness of Bottom Set”, Proceedings of the Nineteenth IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.322-325, 2000.
  • S. Kikuchi and M. Nakanishi, “Learning time series by simple recurrent network with short-term memory”, Proceedings of the Nineteenth IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.44-48, 2000.
  • S. Yamamoto, F. Yamaguchi, H. Saito and M. Nakanishi, “Robust reinforcement learning against environmental changes”, Proceedings of the Eighteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.415-420, 2000.

1999

  • S. Kikuchi and M. Nakanishi, “Discovering rules using parallel multi-layer network and modified structural learning with forgetting”, Proceedings of the IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, pp.258-262, 1999.
  • T. Koike, T. Iwai and M. Nakanishi, “Incremental garbage collection considering objects’ life time”, Proceedings of the Seventeenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.485-489, 1999.
  • T. Iwai and M. Nakanishi, “Reduction of pause time due to snapshot parallel GC”, Proceedings of the Seventeenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.5-8, 1999.
  • S. Nobesawa, H. Saito and M. Nakanishi, “String extraction based only statistic linkability”, Proceedings of 18th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages, pp.23-28, 1999.

1998

  • K. Sato and M. Nakanishi, “Maximum entropy model learning of the translation rules”, Proceedings of the 17th International Conference on Computational Linguistics, pp.1171-1175, 1998.
  • K. Koike, H. Suzuki and H. Saito, “Prosodic parameters in emotional speech”, Proceedings of the 5th International Conference on Spoken Language Processing, pp.679-682, 1998.

1997

  • F. Yamaguchi and M. Nakanishi, “Abduction using linear logic”, Proceedings of the Fifteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.318-321, 1997.
  • A. Maeda and M. Nakanishi, “A queue-machine-based implementation of parallel functional programming language”, Proceedings of the Fifteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.67-70, 1997.
  • E. Tanaka, T. Iwai, M. Nakanishi and Y. Tanaka, “Visualization of memory usage and garbage collection,” Proceedings of the Fifteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.9-12, 1997.
  • T. Iwai, E. Tanaka and M. Nakanishi, “Analytical model for garbage collection on cache memory”, Proceedings of the Fifteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.5-8, 1997.

1996

  • T. Iwai and M. Nakanishi, “A spin lock method for shared-memory architecture in consideration of cache memory”, Proceedings of the Fourteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.94-97, 1996.
  • T. Kido and M. Nakanishi, “Evolutional approach for optimal construction of hybrid algorithm”, Proceedings of the Fourteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.27-30, 1996.
  • E. Tanaka, A. Maeda, Y. Tanaka and M. Nakanishi, “Adaptive garbage collection based on theoretical analysis of lifetime of objects”, Proceedings of the Fourteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.19-22, 1996.
  • S. Nobesawa, J. Tsutsumi, D.J. Sun, T. Sano, K. Sato and M. Nakanishi, “Segmenting sentences into linky strings using d-bigram statistics”, Proceedings of the 16th International Conference on Computational Linguistics, pp.586-591, 1996.

1995

  • S. Matsui, Y. Tanaka, A. Maeda and M. Nakanishi, “Complementary garbage collection”, Proceedings of International Workshop on Memory Management (Lecture Notes in Computer Science, vol.986), pp.163-177, 1995.
  • T. Sugiyama, T. Kido and M. Nakanishi, “Evolving robot strategy for open ended game”, Proceedings of AI94 Workshops on Evolutionary Computation, pp.237-242, 1995.
  • E. Tanaka, Y. Tanaka and M. Nakanishi, “A theoretical analysis of advancement threshold in generational garbage collection”, Proceedings of the Thirteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.378-381, 1995.
  • T. Kido and M. Nakanishi, “Hybrid algorithm technique”, Proceedings of the Thirteenth IASTED International Conference on Applied Informatics, pp.168-170, 1995.

1994

  • Y. Tanaka, S. Matsui, A. Maeda, and M. Nakanishi, “Partial Marking GC”, Proceedings of Third Joint International Conference on Vector and Parallel Processing (Lecture Notes in Computer Science, vol.854), pp.337-348, 1994.
  • T. Sugiyama, T. Kido, M. Yonezu, J. Tsutsumi, F. Yamaguchi, M. Hayashi and M. Nakanishi, “Program synthesis for robot war using genetic algorithm”, Proceedings of AAAI Workshop on Artificial Intelligence, Artificial Life and Entertainment, pp.22-26, 1994.
  • S. Nobesawa, J. Tsutsumi, T. Nitta, K. Ono, D.J. Sun and M. Nakanishi, “Segmenting a Japanese sentence into morphemes using statistical information between words”, Proceedings of the 15th International Conference on Computational Linguistics, pp.227-233, 1994.
  • M. Ishii, K. Ohta and H. Saito, “An efficient parser generator for naturalanguage”, Proceedings of the 15th International Conference on Computational Linguistics, pp.417-420, 1994.
  • J. Tsutsumi, T. Nitta, K. Ono, S. Nobesawa and M. Nakanishi, “Multi-lingual machine translation based on statistical information”, Proceedings of the 2nd International Conference on Quantitative Linquistics (Qualico’94), pp.147-152, 1994.
  • D.J. Sun, J. Tsutsumi, T. Nitta, K. Ono, S. Nobesawa and M. Nakanishi, “An intelligent Chinese input system using statistical information between words”, Proceedings of the 2nd International Conference on Quantitative Linquistics (Qualico’94), pp.102-107, 1994.

1993

  • T. Kido, H. Kitano and M. Nakanishi, “A hybrid search for genetic algorithms -Combining genetic algorithms, TABU search, and simulated annealing-”, Proceedings of International Conference on Genetic Algorithm, pp.641, 1993.
  • T. Kido and M. Nakanishi, “Analyses and comparisons of genetic algorithm, simulated annealing, TABU search, and evolutionary champion algorithm”, Proceedings of AI93 Workshop on Evolutional Computation, pp.89-93, 1993.
  • T. Kido, H. Kitano and M. Nakanishi, “Solving the really hard problems with hybrid genetic algorithm”, Proceedings of Artificial Intelligence, pp.1-6, 1993.
  • Y. Tanaka, S. Matsui, A. Maeda, N. Takahashi and M. Nakanishi, “Parallel garbage collection by partial marking and conditionally invoked GC”, Proceedings of International Conference on Parallel Computing Technologies, pp.397-408, 1993.
  • T. Iwai and M. Nakanishi, “Lisp server having and idea of micro kernel philosophy”, Proceedings of the International Conference on Parallel Computing Technologies, pp.387-396, 1993.

解説

1994

  • 中西正和, 田中詠子, “特集:<ごみ集めの基礎と最近の動向> 世代別ごみ集め”, 情報処理学会誌, vol.35, no.11, pp.1014-1019, 1994.

1988

  • 中西正和, “計算機による作曲と編曲”, 情報処理学会誌, vol.29, no.6, pp.608-612, 1988.

中西先生の思い出

1969年.中西先生は26歳です.まだ,コンピュータが珍しい時代でした.

  • 土居範久, 原田賢一, 中西正和, “会話型FORTRAN : KEIOシステム”, 情報処理学会誌, vol.10, no.2, 1969.
  • 大駒誠一, 中西正和, “ポーランド記法変換”, 情報処理学会誌, vol.10, no.2, 1969.
  • 大駒誠一, 中西正和, “順列の生成”, 情報処理学会誌, vol.10, no.2, 1969.
  • 中西正和, “数楽オリンピックへのいじわる”, 情報処理学会誌, vol.11, no.7, 1970.
  • 中西正和, “自然数巾和公式の生成と評価”, 情報処理学会誌, vol.11, no.8, 1970.
  • 中西正和, “KLISPの拡張機能とその応用”, 情報処理学会誌, vol.11, no.10, 1970.
  • 中西正和, “高次代数方程式の多重根を求めるためのプログラム”, 情報処理学会誌, vol.13, no.3, 1972.
  • 中西正和, “LISPを中心としたリスト処理言語”, 情報処理学会誌, vol.14, no.12, 1973.
  • 中西正和, 三上徹 他, “ミニコンの応用特集号を出すにあたって”, 情報処理学会誌, vol.15, no.4, 1974.
  • 中西正和, “フローチャートからプログラムへの自動変換”, 情報処理学会誌, vol.16, no.1, 1975.
  • 菱沼千明, 山下堅治, 中西正和, “LISPインタプリタにおけるスタック技法とαリストの抑制法”, 情報処理学会誌, vol.17, no.11, 1976.
  • 植田健治, 山本敬二, 永田守男, 中西正和, “LISPのM式をS式に変換するSNOBOL4プログラム”, 情報処理学会誌, vol.17, no.12, 1976.
  • 中西正和, “楽譜入力システムと逆演奏”, 情報処理学会 計算機と音楽シンポジウム報告集, 1984.
  • M. Nakanishi, T. Nishimura, Y. Iwamaru and M. Nagata, “Gentzen-type formal system representing properties of function and its implementation,” Proceedings of the 4th International Joint Conference on Artificial Intelligence, 1975.
  • M. Nakanishi and T. Sakai, “A design of Lisp interpreter for minicomputers,” in J.R. Bell eds., IFIPTC2 WC. on Software for Minicomputer, North Holland Pub. Co., 1976.
  • M. Nakanishi, M. Nagata and K. Ueda, “An automatic theorem prover generating a proof in natural language”, Proceedings of the 6th International Joint Conference on Artificial Intelligence, 1977.
  • M. Nakanishi, Y. Kato and S. Teramura, “SYNAPSE: A multi-microprocessor Lisp machine with parallel garbage collector,” in A. Albrecht eds., Parallel Algorithms and Architectures, Academic-Verlag, 1988.
  • 中西正和, “LISP入門 システムとプログラミング”, 近代科学社, 1977 (第3版は1985年).
  • 中西正和, 大和喜一, “ミニコンピュータシステム入門”, 培風館, 1978.
  • 中西正和, “プレイマイコン・シリ-ズ3 アセンブリ・プログラミング6502編”, 培風館, 1982.
  • 中西正和, “プレイマイコン・シリ-ズ8 アセンブリ・プログラミング6809編”, 培風館, 1986.

発表論文(研究会・全国大会等)

  • 遠山紀子, 松原正樹, 斎藤博昭 (2007) ``コンデンススコア自動生成におけるリズム特性の有効性検証,’’ 情報処理学会音楽情報科学研究会, MUS-69-8, 2007.2.23.
  • 小澤宏也, 岡本紘幸, 斎藤博昭 (2007) ``色・形状情報からの比喩生成,’’ 言語処理学会 第13回年次大会, pp222-225.
  • 植木康之, 斎藤博昭 (2007) ``日本語文型を基にした多肢選択空欄問題の作成,’’ 言語処理学会 第13回年次大会, pp226-229.
  • 新妻雅弘, 松原正樹 (2006) ``通奏低音自動リアライズによる古楽演奏者の独習支援システムの構築,’’ 情報処理推進機構:2006年度下期未踏ユースプロジェクト.
  • 松原正樹, 遠山紀子, 斎藤博昭 (2006) ``ピアノ初級者のための独習支援システムの提案,’’ 情報処理学会音楽情報科学研究会, MUS-64-14, 2006.2.23.
  • 松原正樹, 遠山紀子, 斎藤博昭 (2006) ``ピアノ初級者のための独習支援システムにおける戦略的練習計画の提示,’’ 情報処理学会音楽情報科学研究会, MUS-66-2,2006.8.7.
  • 松原正樹, 遠山紀子, 斎藤博昭 (2006) ``若手による研究紹介III:ピアノ初級者のための独習支援システムにおける戦略的練習計画の提示,’’ 情報処理学会音楽情報科学研究会, MUS-66-8, 2006.8.7.
  • 小原京子, 大堀 壽夫, 鈴木亮子, 藤井聖子, 斎藤博昭, 石崎俊 “日本語フレームネット:意味タグ付きコーパスの試み”, 言語処理学会第11回年次大会 大会論文集, 2005.
  • 斎藤博昭 “日本語フレームネットコーパスおよび検索ツール”, 日本認知言語学会論文集, 5巻, pp.621-624, 2005.
  • 小原京子, 石崎俊, 大堀壽夫, 斎藤博昭, 鈴木亮子, 藤井聖子 “日本語フレームネット概要”, 日本認知言語学会論文集, 5巻, pp.98-99, 2005.
  • 岡本紘幸, 肥塚真輔, 曽我真也, 西岡伸紘, 滝本湖, 小原京子, 斎藤博昭 (2005) “言語処理を取り入れた英語学習者向けディベート支援環境の構築”, 言語処理学会第 11 回年次大会, pp. 729-732, 2005.
  • 肥塚真輔, 岡本紘幸, 斎藤博昭 (2004) “サポートベクタマシンを用いたキーワードからの文生成”, 言語処理学会第 10 回年次大会, pp. 409-412, 2004.
  • 藤井なつ音, 岡本紘幸, 斎藤博昭 (2004) “日本語話し言葉における自己修復の統計モデル”, 言語処理学会第 10 回年次大会, pp. 173-176, 2004.
  • 岡本紘幸, 斎藤 博昭 (2003) “文脈を考慮した日本語類義表現の言い換え”, 言語処理学会第 9 回年次大会, pp. 97-100.
  • 佐藤 健吾, 斎藤 博昭 (2002) ``最大エントロピー法を用いた対訳単語対の抽出,’’ 言語処理学会 自然言語処理, Vol.9, No.1, pp.101-115.
  • 吉田 篤弘, 延澤 志保, 斎藤 博昭 (2001) ``著者判別に有効な特徴量の組み合わせ,’’ 情報処理学会 自然言語処理研究会報告, 2001-NL-146-13.
  • 延澤 志保、斎藤 博昭、 中西 正和 (2001) ``文字間統計情報に基づく口語文字列の自動抽出,’’ 言語処理学会 自然言語処理, Vol.8, No.3, pp.39-57.
  • 平石智宣、佐藤健吾、延澤志保、斎藤博昭、中西正和 (2001) ``ngram を用いた漸進的構文解析における構文的曖昧性の解消,’’ 言語処理学会 第 7 回年次大会, pp.273-276.
  • 村瀬樹太郎, 中西正和 (2000) ``ニューラルネットワークを用いた複数楽器の音源同定処理,’’ 電子情報通信学会技術研究報告, SP2000-147, MUS-39-18.
  • Shiho NOBESAWA, Hiroaki SAITO, Masakazu NAKANISHI (2000) ``Automatic Semantic Sequence Extraction from Unrestricted Non-Tagged Texts,’’ Proc. of the 18th International Conference on Computational Linguistics (Coling 2000), pp.579-585, Saarbruecken, Germany.
  • 石井 直樹, 平石 智宣, 延澤 志保, 斎藤 博昭, 中西 正和 (2000) ``日本語略語の自動復元,’’ 情報処理学会 自然言語処理研究会報告, 2000-NL-137-10.
  • 村瀬 樹太郎, 鈴木 啓高, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1999) ``単旋律の生演奏を収録した CD からの自動採譜システム,’’ 情報処理学会 第 59 回全国大会, Vol.2, pp.23-24.
  • 鈴木 潤, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1999) ``雑音・残響環境下での音声認識,’’ 情報処理学会 第 59 回全国大会, Vol.2, pp.129-130.
  • 西坂 信広, 延澤 志保, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1999) ``日本語文書における複合語キーワード抽出,’’ 情報処理学会 第 59 回全国大会, Vol.2, pp.321-322.
  • 平石 智宣, 延澤 志保, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1999) ``英語固有名詞のカナ表記への変換,’’ 情報処理学会 第 59 回全国大会, Vol.2, pp.363-364.
  • 菊池 弘晶, 佐藤 健吾, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1999) ``焼きなまし法を用いた対訳単語対抽出,’’ 情報処理学会 第 59 回全国大会, Vol.2, pp.367-368.
  • 鈴木 啓高, 中西 正和 (1999) ``音楽認識の評価方法に関する考察,’’ 情報処理学会 音楽情報科学研究会報告, 99-MUS-30-2.
  • Shiho NOBESAWA, Hiroaki SAITO, Masakazu NAKANISHI (1999) ``String Extraction Besed Only on Statistic Linkability,’’ Proc. of the 18th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages (ICCPOL’99), pp.23-28, Tokushima, Japan.
  • 小池 和仁, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1998) ``感情音声の合成,’’ 電子情報通信学会 技報, No.NLC98-43.
  • 服部 直人, 佐藤 健吾, 中西 正和 (1998) ``多義語の語義ベクトル分解,’’ 情報処理学会 第 57 回全国大会, Vol.2, pp.221-222.
  • 廣島 伸章, 佐藤 健吾, 中西 正和 (1998) ``最大エントロピー法を用いた離散型共起表現の抽出,’’ 情報処理学会 第 57 回全国大会, Vol.2, pp.223-224.
  • 延澤 志保, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1998) ``文字の共起情報のみを利用した文字列抽出,’’ 情報処理学会 自然言語処理研究会報告, 98-NL-127-19, pp.141-148.
  • Kengo SATO, Masakazu NAKANISHI (1998) ``Maximum Entropy Model Learning of the Translation Rules,’’ Coling-ACL’98, pp.1171-1175, Montreal, Canada.
  • Kazuhito KOIKE, Hirotaka SUZUKI, Hiroaki SAITO (1998) ``Prosodic Parameters in Emotional Speech,’’ Proc. of the 5th International Conference on Spoken Language Processing, pp.679-682.
  • 延澤 志保, 斎藤 博昭, 中西 正和 (1998) ``日本語における有繋文字列,’’ 情報処理学会 第 39 回プログラミング・シンポジウム 報告集, pp.137-142, Hakone, Japan.
  • 佐藤 健吾, 中西 正和 (1997) ``最大エントロピー法による対訳単語対の抽出,’’ 情報処理学会 自然言語処理研究会報告, 97-NL-122-4.
  • 大森 久美子, 佐藤 健吾, 中西 正和 (1997) ``共起関係を利用した対訳コーパスからの連語の対訳表現抽出,’’ 情報処理学会 自然言語処理研究会報告, 97-NL-122-3.
  • 斎藤 博昭 (1996) ``一般 LR 構文解析法におけるエラー処理,’’ 情報処理学会論文誌, Vol.37, No.8, pp.1506-1513.
  • 國吉 芳夫, 中西 正和 (1996) ``ギャップのある ngram を用いたテキストコーパスの解析,’’ 情報処理学会 第 53 回全国大会, Vol.2, pp.103-104.
  • 國吉 芳夫, 中西 正和 (1996) ``OS の仮想記憶インターフェースの自然言語処理への応用 ,’’ 情報処理学会 第 53 回全国大会, Vol.2, pp.47-48.
  • 佐藤 健吾, 中西 正和 (1996) ``bigram 統計情報に基づくパージング,’’ 情報処理学会 第 53 回全国大会, Vol.2, pp.105-106.
  • 大森 久美子, 堤 純也, 中西 正和 (1996) ``統計情報を用いた対訳単語辞書の作成 ,’’ 情報処理学会 第 53 回全国大会, Vol.2, pp.55-56.
  • Shiho NOBESAWA, Junya TSUTSUMI, SUN Da Jiang, Tomohisa SANO, Kengo SATO, Masakazu NAKANISHI (1996) ``Segmenting Sentences into Linky Strings Using D-bigram Statistics,’’ Coling-96, pp.586-591, Copenhagen, Denmark.
  • 大森 久美子, 堤 純也, 中西 正和 (1996) ``統計情報を用いた対訳単語辞書の作成 ,’’ 言語処理学会 第 2 回年次大会, pp.49-52.
  • 孫 大江, 堤 純也, 延澤 志保, 佐野 智久, 佐藤 健吾, 大森 久美子, 中西 正和 (1996) ``統計情報を用いた中国語における文単位一括変換法,’’ 言語処理学会 第 2 回年次大会, pp.53-56.
  • 佐藤 健吾, 堤 純也, 中西 正和 (1996) ``d-bigram 情報を用いた統語規則の抽出,’’ 言語処理学会 第 2 回年次大会, pp.173-176.
  • 延澤 志保, 堤 純也, 孫 大江, 佐野 智久, 佐藤 健吾, 大森 久美子, 中西 正和 (1996) ``自然言語における有繋文字列の抽出,’’ 言語処理学会 第 2 回年次大会, pp.181-184.
  • 佐野 智久, 堤 純也, 孫 大江, 延澤 志保, 佐藤 健吾, 大森 久美子, 中西 正和 (1996) ``自然言語文評価における d-bigram 情報の活用方法に関する実験,’’ 言語処理学会 第2回年次大会, pp.185-188.
  • 堤 純也, 孫 大江, 延澤 志保, 佐藤 健吾, 佐野 智久, 中西 正和 (1996) ``d-bigram と他の統計情報との関連に関する実験,’’ 言語処理学会 第 2 回年次大会, pp.189-192.
  • 國吉 芳夫 (1996) ``マルチモーダル情報からの言語獲得,’’ 言語処理学会 第 2 回年次大会, pp.237-240.
  • 佐野 智久, 堤 純也, 孫 大江, 延澤 志保, 佐藤 健吾, 中西 正和 (1995) ``d-bigram を用いた自然言語文評価に関する実験,’’ 情報処理学会 第 51 回全国大会, Vol.3, pp.3-4.
  • 堤 純也, 孫 大江, 延澤 志保, 佐藤 健吾, 佐野 智久, 中西 正和 (1995) ``d-bigram と trigram の相関に関する実験,’’ 情報処理学会 第 51 回全国大会, Vol.3, pp.5-6.
  • 佐藤 健吾, 堤 純也, 孫 大江, 延澤 志保, 佐野 智久, 中西 正和 (1995) ``d-bigram を用いた単語のクラスタリング,’’ 情報処理学会 第 51 回全国大会, Vol.3, pp.7-8.
  • 延澤 志保, 堤 純也, 孫 大江, 佐藤 健吾, 佐野 智久, 中西 正和 (1995) ``d-bigram を用いた形態素解析,’’ 情報処理学会 第 51 回全国大会, Vol.3, pp.25-26.
  • 孫 大江, 堤 純也, 延澤 志保, 佐藤 健吾, 佐野 智久, 中西 正和 (1995) ``d-bigram を用いた中国語における文単位一括変換法,’’ 情報処理学会 第 51 回全国大会, Vol.3, pp.229-230.
  • Masayuki ISHII, Kazuhisa OHTA, Hiroaki SAITO (1994) ``An Efficient Parser Generator for Natural Language,’’ Proc. of the 15th International Conference on Computational Linguistics (Coling94), pp.417-420, Kyoto, Japan.
  • Shiho NOBESAWA, Junya TSUTSUMI, Tomoaki NITTA, Kotaro ONO, SUN Da Jiang, Masakazu NAKANISHI (1994) ``Segmeting a Japanese Sentence into Morphemes Using Statistical Information between Words,’’ Proc. of the 15th International Conference on Computational Linguistics (Coling94), pp.227-233, Kyoto, Japan.
  • SUN Da Jiang, Junya TSUTSUMI, Tomoaki NITTA, Kotaro ONO, Shiho NOBESAWA, Masakazu NAKANISHI (1994) ``An Intelligent Chinese Input System Using Statistical Information between Words,’’ The 2nd International Conference on Quantative Linguistcs (Qualico), pp.102-107, Moscow, Russia.
  • Junya TSUTSUMI, SUN Da Jiang, Tomoaki NITTA, Kotaro ONO, Shiho NOBESAWA, Masakazu NAKANISHI (1994) ``Multi-lingual Machine Translation Based on Statistical Information,’’ The 2nd International Conference on Quantative Linguistcs (Qualico), pp.147-152, Moscow, Russia.
  • 堤 純也, 新田 朋晃, 小野 孝太郎, 延澤 志保 (1993) ``統計情報を用いた多言語間機械翻訳システム,’’ 人工知能学会研究会, pp.7-12.

学位論文

  • 植木 康之 (2007) ``多肢選択空欄問題の自動作成,’’ 学士論文.
  • 小澤 宏也 (2007) ``色・形状情報からの比喩生成,’’ 学士論文.
  • 新妻 雅弘 (2007) ``数字付き低音自動リアライズシステムの構築,’’ 学士論文.
  • 高江洲 弘 (2007) ``ユーザのランニングペースに応じた楽曲の提示,’’ 学士論文.
  • 諏訪 剛史 (2007) ``洋服のコーディネート共有によるファッション推薦システム,’’ 学士論文.
  • 九谷 優介 (2007) ``日本語文書のおける読点の付与される文節の自動推定,’’ 学士論文.
  • 蘆澤 良祐 (2007) ``犯罪可能性提示システムの提案,’’ 学士論文.
  • 西井 洋平 (2007) ``CAIを利用した個人対応型学習システムの提案,’’ 学士論文.
  • 平野 慶一 (2006) ``音響構造情報を用いた音楽嗜好モデルの構築,’’ 修士論文.
  • 松原 正樹 (2006) ``ピアノ初級者のための独習支援システムの構築,’’ 修士論文.
  • 野村 雄二 (2005) ``,’’ 修士論文.
  • 西岡 伸紘 (2005) ``ユーザの主体的な操作に基づく協調ブラウジング支援システムの構築,’’ 修士論文.
  • 鈴木 宏哉 (2005) ``,’’ 修士論文.
  • 白川 英晃 (2005) ``,’’ 修士論文.
  • 松井 洋 (2004) ``確率木接合文法による機能性RNAの構造予測,’’ 修士論文.
  • 藤井 なつ音 (2004) ``日本語話し言葉における自己修復の統計モデル,’’ 修士論文.
  • 原田 貴昭 (2004) ``材質感モデル生成システム,’’ 修士論文.
  • 酒井 康旭 (2004) ``メタデータ解析と自然言語解析を併用した動画要約,’’ 修士論文.
  • 齋藤 真一 (2004) ``共通の操作による動画の要約,検索,関連情報抽出機能の実現,’’ 修士論文.
  • 小杉 拓也 (2004) ``質問応答システムの作成,’’ 修士論文.
  • 平野 慶一 (2004) ``音楽のジャンル分類における自己組織化マップとサポートベクターマシンの性能比較,’’ 学士論文.
  • 松原 正樹 (2004) ``癒しの音楽の生成,’’ 学士論文.
  • 山本 芳久 (2003) ``狭チャネル状況下におけるインタラクティブな情報検索,’’ 修士論文.
  • 田中 英彦 (2003) ``ニューラルネットワークを用いたカオス揺らぎのある音声合成,’’ 修士論文.
  • 高倉 康弘 (2003) ``非単調活性化関数を用いたカオスニューラルネットワークの提案,’’ 修士論文.
  • 吉藤 信幸 (2003) ``実光源下における巨大仮想物体の実画像への重ね込み,’’ 修士論文.
  • 森田 直樹 (2003) ``時空間混合信号の復元におけるマルチモーダル独立成分分析,’’ 修士論文.
  • 川喜田 雅則 (2003) ``非ガウシアンイノベーションを持つARモデルのパラメータ推定 - 独立線形予測分析 -,’’ 修士論文.
  • 吉岡 敬司 (2003) ``形状と回転角度を同時認識する極座標変換を用いた文字認識手法,’’ 修士論文.
  • 嶋 淳一 (2003) ``,調波構造時系列に着目した複素ニューラルネットワークによる音源同定’’ 修士論文.
  • 岡本 紘幸 (2003) ``文脈を考慮した日本語類義表現の優先提示,’’ 修士論文.
  • 吉田 篤弘 (2003) ``サポートベクタマシンによる著者判別に有効な素性選択,’’ 修士論文.
  • 野村 雄二 (2003) ``GDAタグを用いた自動要約,’’ 学士論文.
  • 西岡 伸紘 (2003) ``動画像からの人物情報自動抽出システムの実装,’’ 学士論文.
  • 鈴木 宏哉 (2003) ``多人数ユーザを対象とした対話エンジンの構築,’’ 学士論文.
  • 杉本 欣英 (2003) ``音楽的発音構造を用いた拍認識,’’ 学士論文.
  • 白川 英晃 (2003) ``FrameNetの結合価情報を用いた翻訳手法,’’ 学士論文.
  • 延澤 志保 (2002) ``文字間統計情報を利用した語句抽出に関する研究,’’ 博士論文.
  • 菊池 弘晶 (2002) ``カテゴリ型検索エンジンの為のWebサイトのトップページ抽出及びカテゴリ分類,’’ 修士論文.
  • 太田 誠 (2002) ``保守的Garbage Collectionの並列化,’’ 修士論文.
  • 西田 正洋 (2002) ``高次元リカレントニューラルネットワークを用いた楽曲の記憶と作曲,’’ 修士論文.
  • 神津 臣英 (2002) ``リカレントニューラルネットワークを用いた日本語音節境界推定,’’ 修士論文.
  • 田中 信顕 (2002) ``独立成分分析による脳波アーティファクトの分離法,’’ 修士論文.
  • 池田 平 (2002) ``音声対話システム構築支援ライブラリの設計および実装,’’ 修士論文.
  • 松井 洋 (2002) ``,’’ 学士論文.
  • 原田 貴昭 (2002) ``舞踊CG生成のための動作解析および環境情報の取得,’’ 学士論文.
  • 酒井 康旭 (2002) ``,’’ 学士論文.
  • 齋藤 真一 (2002) ``位置ずれパターンに対応した連想記憶モデルの提案,’’ 学士論文.
  • 小杉 拓也 (2002) ``UNIX 系 OS 操作の為の音声対話シェルの作成,’’ 学士論文.
  • 鈴木 潤 (2001) ``GDA タグ情報を利用した回答抽出システムの提案,’’ 修士論文.
  • 平石 智宣 (2001) ``Ngram を用いた漸進的構文解析における曖昧性の解消,’’ 修士論文.
  • 村瀬 樹太郎 (2001) ``ニューラルネットワークを用いた複数楽音の音源同定システム,’’ 修士論文.
  • 伊藤 一成 (2001) ``,’’ 修士論文.
  • 戸田 忍 (2001) ``,’’ 修士論文.
  • 岡本 紘幸 (2001) ``深趣表現提示システムの構築,’’ 学士論文.
  • 森田 直樹 (2001) ``合成音声における明瞭度の研究,’’ 学士論文.
  • 山本 芳久 (2001) ``頑健な音声対話エンジンの製作,’’ 学士論文.
  • 吉田 篤弘 (2001) ``著者判別に有効な特徴量の組み合わせ,’’ 学士論文.
  • 小池 和仁 (2000) ``韻律情報を利用した自由発話音声認識,’’ 修士論文.
  • 池田 平 (2000) ``緊急時の発話に現れる音響特性,’’ 学士論文.
  • 石井 直樹 (2000) ``日本語略語の自動復元,’’ 学士論文.
  • 小林 正寿 (2000) ``ニューラルネットワークを用いた感情音声認識における規則発見,’’ 学士論文.
  • 鳥居 陵二 (2000) ``足音による履物分類と個人識別,’’ 学士論文.
  • 西田 正洋 (2000) ``リカレントニューラルネットワークを用いたコード進行の自動生成,’’ 学士論文.
  • 伊賀 竜彦 (1999) ``J-ToBI タグ付与とその自動化手法,’’ 学士論文.
  • 海野 由紀子 (1999) ``音楽情景分析における楽音認識と自動採譜,’’ 学士論文.
  • 鈴木 潤 (1999) ``雑音・残響環境下での音声認識,’’ 学士論文.
  • 西坂 信広 (1999) ``日本語文書における複合語キーワード自動抽出,’’ 学士論文.
  • 平石 智宣 (1999) ``英語固有名詞のカナ表記への変換,’’ 学士論文.
  • 村瀬 樹太郎 (1999) ``単旋律の生演奏を収録した CD からの自動採譜システム,’’ 学士論文.
  • 横谷 佑介 (1999) ``Mitkov 照応推定アルゴリズムの日本語への適用,’’ 学士論文.
  • 中川 聡 (1998) ``電脳住宅を目指す音声認識,’’ 学士論文.
  • 錦織 康之 (1998) ``抑揚における発話者の意志,’’ 学士論文.
  • 廣島 伸章 (1998) ``最大エントロピー法を用いた離散型共起表現の抽出,’’ 学士論文.
  • 広野 亮 (1998) ``話者照合システム話者照合システム,’’ 学士論文.
  • 佐藤 健吾 (1997) ``link grammar の概念を採り入れた d-bigram 確率モデル,’’ 修士論文.
  • 佐野 智久 (1997) ``動的な統計情報を用いた自然言語処理,’’ 修士論文.
  • 守谷 淳 (1997) ``日本語における敬語自動変換システム,’’ 学士論文.
  • 塚本 純子 (1996) ``共起関係を用いた構文誤り修正手法の提案,’’ 修士論文.
  • 延澤 志保 (1996) ``自然言語における有繋文字列の抽出,’’ 修士論文.
  • 大森 久美子 (1996) ``統計情報を用いた対訳単語辞書の作成 ,’’ 学士論文.
  • 佐藤 健吾 (1995) ``d-bigram を用いた単語のクラスタリング,’’ 学士論文.
  • 佐野 智久 (1995) ``単語間統計情報を用いた自然言語文における最良文問題の効率化,’’ 学士論文.
  • 小野 孝太郎 (1994) ``距離の概念を入れた bigram データによる単語のクラスタリング,’’ 修士論文.
  • 延澤 志保 (1994) ``単語間統計情報を用いた日本語の形態素解析,’’ 学士論文.
  • 林 里美 (1994) ``OCR における認識誤り単語の修正,’’ 学士論文.

博士論文

※ 完全なリストではありません。

2009年度

  • 佐野 智久 表層情報に基づく固有表現の属性推定に関する研究

2004年度

  • 大森 久美子 大語彙を対象とした音声対話制御手法に関する研究
  • 伊藤 一成 統一的なアノテーションの生成,構成及び応用に関する研究

2002年度

  • 佐藤 健吾 統計的機械学習による対訳表現の抽出に関する研究

2001年度

  • 延澤 志保 文字間統計情報を利用した語句抽出に関する研究

2001年度

  • 菊地 進一 ニューラルネットワークの時系列学習と構造学習に関する研究

1996年度

  • 前田 敦司 キューマシン計算モデル - 新計算モデルとその並列関数型言語への応用 -

1995年度

  • 田中 詠子 世代別ガーベッジコレクションに関する研究
  • Takashi Kido A Study of Evolutional Mechanism on Cooperative Problem Solving - A Hybrid Genetic Algorithm for Multi-Algorithm Problem

1994年度

  • 田中 良夫 世代別並列ガーベッジコレクションに関する研究

特許

2008

  • 共同出願特許「和音推定装置,和音推定方法,およびプログラム」(特願2008-222449) 蔵内雄貴,松原正樹,大野将樹,斎藤博昭